コロナ後の経済・・3

コロナ後の経済3

消費税については、どうなるか不明だが、中小企業は対策をしていくしかない。
現実の世界で、せねばならぬ事を進めて行こう。

今中小企業が行っているのは、設備投資だ。国が無利息、無保証で企業の資金供給しているので、この時とばかりに投資している中小企業が多い。投資の方向は、生産性の向上とペーパーレス化。生産性の向上は、サプライチェーンの国内回帰に合わせての対応で、ペーパーレス化は、在宅勤務やテレビ会議の為にネットを使い、書類を無くす動きが加速している。

頭が下がるのは、現役の経営者達は、政府に言いたい事は山とあるが、まず自分の会社と仲間を守る為に真剣だと言う事だ。金を配っても消費税として回収されようが、必要な措置をとっている経営者が多い。

彼かがこれから日本を背負うのだろう。一流の財界人はまだいるだろう。ただ大企業のサラリーマン経営者には居ない様だ、彼らは退職までの成績だけで、その会社の将来について関知していない。

松下幸之助は、松下電器は自分の死後持っても20年と言った。30年たった今何と言うのだろう。